2010年11月21日

べた基礎。

リアではもうすぐで竣工しそうだってーのにまだ基礎の記事を書いているななもです>_<
気を取り直して基礎工事!

この時期は丁度ラニーニャ登場(とは言わないか)で極暑だった頃。
第三者機関の検査が入るとの事で現場監督と一緒に現場を見に行きました。



kiso-3.jpg

↑ここら辺って完成したらまず見られない場所ですから写真撮りまくりました。
コチラの1枚はコンパクトデジカメ版。
フィルム一眼で撮ったものもあります(笑

ここの工務店の場合はコンクリのかぶり厚150、配筋は20四方で12ミリ(だったかな)が基準だそうです。
底にあたる部分では、スペーサーというサイコロ型のコンクリをかませてかち栗石の上に浮かせるような感じになっています。
とりあえず不具合はなさそうで、検査はほどなく終了。

栗石の上には湿気防止のシートが敷かれていますが結構破れやすいようで、現場監督に直してもらいました。
コンクリを流し込む際にもう一度点検するそうですが、まぁ気づいちゃったんで^^;
配筋の長さも規定通りの長さになっていたようです。

ここから暫く養生したのち、コンクリートを流し込む為の作業に入ります。

家づくりの本















posted by ななも at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。